ハウスクリーニングの空部屋清掃大阪「みがき屋Q3」は、空部屋清掃で賃貸マンションオーナー・不動産管理会社を応援します。

空部屋管理・悪臭対策にトラップへの封水保護剤の投入

トラップへの封水保護剤投入

「臭~い」
空部屋に入ったとたん、こんな経験はありませんか!
空部屋の臭いの原因は、色々ありますがその大きな原因の一つに水回りの排水トラップの封水が枯れてしまったために起ることです。

排水トラップの封水が無いために、排水管の臭いが部屋中にこもっているのです。
時には、虫さえ発生します。

そんな臭い部屋を誰が借りたいと思うでしょうか?

空部屋は、空気の入れ替えなど定期的に管理しなければなりませんが、時として間が開くこともあります。
そんな時に、封水が枯れてしまい部屋中に悪臭がこもり、虫が飛んでいたらせっかくの内見者も逃げてしまいますよね。

当店みがき屋Q3では、管理会社や大家さんの応援のためにハウスクリーニング終了後に、封水保護剤を投入するウェルカムサービスを行っています。

封水保護剤の効果

封水保護剤を投入すると、下の図のようになります。

封水保護剤
  • 封水保護剤「ニオイとめ太郎」は、封水の保護膜が奥までしっかり張って、封水の蒸発を防ぎます。
  • 無色・無臭ですので、気になりません。
  • 封水効果は、約6ケ月間だから安心です。
  • 1ヶ所に1袋ずつで投入ミスを防ぎ無駄がありません。
  • 投入は5ヶ所(風呂・洗面・キッチン・トイレ・洗濯機置場)の水回りで全体をカバーします。



当店なら破格の1,800円で投入いたします。

※封水保護剤使用時の注意
封水保護剤の効果は、水を流すとなくなります。
洗面所で手を洗ったり、トイレを使用すると封水保護剤は、流されてしまい、効果を失います。

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional